CG

制作のメリット


見えないものがイメージできる

実際に見ることができない形状や機能を言葉で伝達することが難しい場面があります。
CGで作成することで実物がそこあるかのように表示できます。

仕様変更の対応に時間がかからない

製品デザインの企画やプレゼンテーション等で発生する仕様変更の対応に強みがあります。
モニターでシミュレーション可能なためコミュニケーションロスも削減できます。

コストパフォーマンスがよい

製品の試作品の作成には費用がかかります。
3DCGで試作品を作ることであらゆる角度から確認できます。